自然素材 家づくり

2016年01月13日

オーダーキッチン 職人の手作りキッチン 茨城 栃木

茨城(古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬館林)と北関東にてセルロースファイバーをはじめとする自然素材新築リノベーションリフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンの むくむくはうすを創っている工務店材木商二代目ブログです。
戸建住宅新築リノベーション むくむくはうす茨城 オンリーワンハウス有徳 はこちら 
リフォーム改築増築 リフォームスタジオコメットはこちら 


IMG_3477

宇都宮市でのオーダーキッチン施工風景

左の空いているスペースには輸入食洗機がつきました。

側板は無垢のヒノキ 

普通のキッチンでは木を粉々にして固めたMDFやパーティクルボードなどの加工品で構成されますが

弊社のキッチンだと無垢材で構成されるため圧倒的に永く使えます。

さらに何年たっても古くならない。「いいかんじ」に色が変わっていきます。

さすがに水栓金具などは限界が来ますが、それを交換していけば何世代にもわたって使い続けられる

そんなキッチンになるのです。

そう考えるとほんとにお得ですね、このキッチン。

メーカーさんのちょっといいキッチンと同じくらいの値段でできますのでお気軽にご相談ください。

ではまた。 


studio_comet at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月29日

無垢 杉 床 茨城 土浦 自然素材の家 100年住宅

2014-10-11-16-04-55




茨城(古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬館林)と北関東にて自然素材新築リノベーションリフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンの むくむくハウスを創っている工務店材木商二代目ブログです。
戸建住宅新築リノベーション むくむくはうす茨城 オンリーワンハウス有徳はこちら
リフォーム改築増築 リフォームスタジオコメットはこちら

茨城県土浦市のKさまのおうち。

ガルバリウム鋼板塗り壁のおうちです。

昨日の壁を遠くから眺める感じ。

リビングはかなり広いですね。

壁は珪藻土。

床は三重県の杉。

今回は住み始めからヴィンテージな感じになるよう。

床はチャコールブラウンに塗りました。

もちろん塗料は自然塗料。

クライデツァイト製です。(日本ではプラネットカラーさんが販売しています)

杉の床は30ミリ。

これが冬温かいし、夏はさらっと快適です。

なんで皆さんこういう床にしないんだろう。

不思議で仕方ない。

なぜ30ミリかというと、築150年の古民家の解体をしたときに

床板は24ミリでした。一回も張り替えていない。


では30ミリにすれば? 

昔の杉と今の杉の質の違いはあるにせよ、寿命は延びるし、15ミリより断然しっかりしています。

でもまあ、当然15ミリのほうが安いんですが、考え方の違いですね。 

本当に得なのはどちらか。

最低100年解体したくない家になれるかどうかの分かれ目です。


ではまた。 

studio_comet at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月09日

魅惑のオーダー家具 新築 栃木 下野 石橋

2012-08-08 18:10:13 写真1


ご覧の写真は

栃木県 下野市 石橋の家。

Forest House M様邸のオーダー家具です!

古材の梁が使われています。

この古材は昨日ご紹介した大黒柱にかかっていた梁と同じ家のものなんです。

さすれば同じ山のものです。

そんなテレビ台は

どん。とそこにあります。

飩、曇、呑。

最後のは私の好きな漢字ですね(笑)

古材と無垢材のコラボはいつ見てもいい雰囲気。

先輩が後輩をアンティークになるまで見守ってくれます。


この先輩は100年近くを山で育ち

120年あまりを家族を守る家を支え

そしていったんの役目を終え

解体され。仲間と共に弊社の倉庫へ。

そこでしばらく休んで

そして今、第三の命を。

この家で家族が育つのを見守って行きます。

新しい無垢材の後輩と共に


元気でね。


studio_comet at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月07日

オーダー洗面化粧台 栃木県 下野市 新築栃木

2012-08-07 16:58:52 写真1


皆様こんにちは

今日も昼は暑かったですが。

境町は夕方から少し涼しいですね。

上の写真は、栃木県下野市、石橋の家

M様邸のオーダー洗面化粧台です。

国産杉の無垢材で作ったカウンター

輸入洗面ボウル。

まわりの壁も無垢材。

ああ、うらやましい。

その隣には脱衣所スペースでもあるので収納が。

2012-08-07 16:59:32 写真1


これも無垢材

とにかく無垢材。

執念を感じるほどに無垢。

可動式の棚板、さらにその受けまで無垢材。

本気で100年考えてます。


あー、自分のブログ見てると家が建てたくなってきます。



ではまた。

studio_comet at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月31日

もうすぐ始まる。 新築 栃木 石橋 下野 自然素材の家 オーダーキッチン

皆様こんばんは

おかげさまでずいずいと生きております。

 オンリーワンハウス有徳
リフォームスタジオコメットの星です。  

写真 12-01-30 14 21 36

地鎮祭終わりました。

四人家族の仲良しの家。

森の家ともいえましょうか。

アウトドア好きなご家族の

インドアも自然に触れる家 

始まります。

studio_comet at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月24日

どうしてこんなに涼しいの?新築 茨城 牛久 セルロースファイバー

さて、今日も投稿してみました

夏暑くて冬寒い、冷暖房日ばかりかかって困る家と戦う男

星輝夫です。こんにちは。


八月末お引渡し一ヶ月目で

猛暑を乗り越えた

「自然と生きる家」ともいえる
Wさまご家族に
BBQに御呼ばれしたのでご報告。

皆様ご期待の完成写真

DSCF7229

















東から撮ったら
うん良い感じ

画像 277
















家の中は光であふれています。

でもなぜか涼しい。。

猛暑のはずなのにエアコンは点いていません。

その秘密は

画像 279
















吹き抜けの上にさらに吹き抜け

そこにシーリングファンです。

でそこに窓、電動で開閉式にしてあります。

一階の窓との高低差、7メートル近く。

いわゆる煙突効果というやつです。


そうすると一階のあったらめられた空気は上に上がり

吹き抜けの窓から抜けていきます。

空気の温度は基本的に

三メートルの高低差で1度変わります。

ということは北側の一階の窓を開けておけば

常に2度以上涼しい空気が入り続けるということです。

だから

wさま曰く「この夏3回しかエアコンつけてないです」

狙い通り。

なんてね。

さて、素敵なウッドデッキやキッチンの報告はまた後日



studio_comet at 14:03|Permalink

2010年07月09日

基礎工事 配筋 暮らしたい家 茨城

DSCF6880
















基礎工事の様子です。(だいぶ時間が空いていますが


みなさまこんにちは

オンリーワンハウス有徳
リフォームスタジオコメットの星です。

かなり細かく配筋が入っています。
この配筋にアースを取って地面を流れている微弱な電流
のバランスをとる。ということも当たり前に行われています。

効果の程は実感しづらいかもしれませんが
アース棒一本のコストは非常に安いので後戻りのできない基礎工事の時にしかできないことをやっておきます。

ここから基礎の立ち上がりの枠を組み
コンクリートの流し込み作業が行われます。

DSCF6912

















立ち上がり枠を組んだ写真です。

さてこの先にはお施主様にはあまり知らされない

基礎の真実が待っています。

基礎工事は土台を載せ、家を支える大事な工事です。

基礎の上が丈夫でも、基礎が弱い、寿命が短ければ

取り返しが付きません。

それを無視した家づくりはしてはお客様に申し訳ないのですが

業界では「お客様に申し訳ないこと」が横行しているのも事実

私は不器用にも気づいてしまったら

知らん振りができない人間ですので、皆様にもお伝えしちゃいます。

では次回はその「基礎」の大事なことをお伝えします。

こう御期待!

studio_comet at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月28日

地盤改良 砂利杭 新築 茨城 牛久 家族と光の家

皆様ご無沙汰しております。 

さて、今日は茨城県 牛久市からのレポートです。順次紹介していきますね。

コレなんだと思います?

砂利がところどころに。。。

でっかいドリルもあります。
D
















実はコレ地盤改良の工事風景なのです。

地盤改良といえば

普通はセメントを流す柱状改良

鉄骨を差し込む鋼管による改良

などが一般的ですがこのWさま邸から

オンリーワンハウス有徳は

石、砂利による改良を標準採用といたしました。

コンクリートよりも地震に強く

鋼管よりも寿命が長い>石は基本的に腐りませんし錆びません

万が一更地にして売るときに、埋まっている砂利の撤去をしなくてもいい

コンクリート、鋼管は撤去費用がかかります、数百万円単位で。。

以上の点から見ても砂利杭のよさが見て取れますねー。


で、こんな感じになります。

DSCF6864

















穴を開けて、そこに砂利を入れながらドッカンドッカンたたきます。

すると下だけでなく横の土まで固まって締まって行きます。

手を入れた地盤全体が強くなるのも特徴です。

更に砂利なので水が中を通りますので
大地震のときの地盤の液状化現象にも強いです。

横浜ランドマークタワーが海の上で地盤改良するのに砂を使ったのと似ているかもしれません。

コレからもっと勉強して更に家族を守れる家を実現していきます!


ではまたつづきを書きますね。

studio_comet at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月14日

はいからモダン 自然は健康住宅の作り方 講座

PAP_0000



















はいからモダン物語変革研修

講師をしております。


みんな知らない、リフォーム、家づくりのときに

ある事実に直面します



建てる人、お施主様にきちんとお伝えしないといけません。

本当のことを。


さて、家族を守れる家

実現できる人が増えました。


一軒一軒、地道に「いい家」にしていきましょう。




studio_comet at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月27日

ペレットストーブ 薪ストーブ 茨城 栃木 古河 つくば 境

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これは茨城古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬(館林)と北関東にて自然素材新築リフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンハウスを創っている工務店材木二代目のブログです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


PAP_0002
ついにわがオンリーワンハウスの

事務所にやってきました

薪ストーブ

いえそれだけではありません

ペレットストーブとしても使えます。


PAP_0000

社長と製造元さいかい産業さんの古川さん

煙突のように見える筒は実は煙突ではありません

熱交換器

というせっかく発生した熱を無駄に外に漏らさないようにする装置です

このストーブは

FF式といって

屋外から燃料を燃やすための空気取り入れ

燃えた後の排気を屋外に出す

これを機械的に行ってくれます。

ですから室内の空気が汚れるのを最小限にしてくれます


当社で建築しているような省エネな家は

昔の家に比べて空気が入れ替わらないために

普通の石油ストーブやガスストーブだと

健康に影響が出てしまう可能性があります。

しかし、FF式だと燃やす空気も外から取り入れるし、排気も外に出しますのでかなり空気が綺麗に保てます。

でもなかなかお客様にお勧め出来るものには出会えません。

というところでこの高効率のペレットストーブ 兼 薪ストーブ

「だるま君」です。

ペレットは木を粉々にして固めた犬のえさ大の燃料です。

全木ペレットというものは枝から根っこまで使えるもので

おもに建築材にならないような細い木、間伐材で作られます。



実は日本の山は間伐が出来なくなっているために廃れ

水をためるチカラも、CO2を吸収するチカラも

衰えきっています。

このままでは取り返しの付かないところまで行ってしまいます

間伐材のペレット利用はその解決策として現実的なもので

間伐して回復した分CO2は森に吸収され

また杉を植えることによってさらに二酸化炭素が木に変わります。

なぜなら杉の木の半分は炭素で出来ているからです。


というわけで当社はペレットストーブの使用を推進します。

ものすごくあったかいのに使うたびに山がよみがえる。

良いと思いませんか?

世の中捨てたもんじゃない。



当社の場合は建築廃材として無垢の杉ヒノキが大量に出ますので

ペレット薪兼用のだるま君ですが

普通のおうちではそんなに薪を確保できませんので

ペレット専用の「SS-1」がありますのでご安心を。

さて

火と暮らす贅沢を得てうきうきする毎日です。

ご興味のある方は

下記までお問い合わせください

studio_comet at 11:18|Permalink