2015年07月01日

セルロースファイバー 茨城 栃木 埼玉



茨城県 古河市で着工した、

工場をガレージハウスにする

むくむくはうすリノベーション。

工場が環境に正しい家になります。

さて

セルロースファイバーを施工する前に床の下地。

30ミリの三重県産の杉の床を張るので

91センチおきに大引き(左右に走る角材)を入れます。

コンクリートの床の上なのでしっかり防湿対策。

高さ調整も棟梁が一つ一つ丁寧に、カイモノをしていきます。

この間にセルロースファイバーをパンッパンに入れます。

入れすぎると、床が張りづらいので大工さんに怒られますが

それでもパンッパンに入れます。

それがECOで快適で健康な暮らしをつくるからです。

うふふのふ。

ではまた。




studio_comet at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字