2015年05月22日

エコラベル 家 日本初

新建ハウジむくむくラベル

茨城(古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬館林)と北関東にて自然素材新築リノベーションリフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンの むくむくはうすを創っている工務店材木商二代目ブログです。
戸建住宅新築リノベーション むくむくはうす茨城 オンリーワンハウス有徳 はこちら 
リフォーム改築増築 リフォームスタジオコメットはこちら 


上の画像は、新建ハウジングという建築業界の専門誌のホームページ

 

住宅環境性能を評価する「むくむく環境ラベル認定」がスタート 

という記事です。

弊社の所属する
一般社団法人環境循環型住宅推進協議会
「家に環境ラベルをつける」という日本初の事に挑戦しています。

これは
“エコマーク” や“再生紙使用マーク” が有名ですが、

消費者が一目で

「この商品はエコだな」

「この製品は環境に配慮しているな」

ということが

「わかる」

というものいま日本の場合私たちは物を買うために非常に考えさせられます。

「この消費が正しいのか」

「これをたべてもいいのか?」

一人一人の中に基準があるはずなのですが

それが買うものと一致しているかを判別するために

ものすごいエネルギーを使います。

顧問のスウェーデン出身の環境コンサルタント、ペオ・エクベリさんは言います。

「スウェーデンでは普通に生活しているだけでECOな暮らしができます。」

特に特別に苦労していなくとも普通に生活すると環境に配慮した生活ができるそうです。

だから、早々に京都議定書をクリアして、つぎの目標にトライしています。

やはり日本を環境を守れる国にするにはECOかどうか簡単に判別できるようにしなくてはならないとおもいます。

その一歩として

このエコラベル。

この家はエコなのか?どれくらいなのかが一目でわかる。

そんな未来のための一歩。踏み出しましたね。

ではまた。






studio_comet at 11:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字