2015年05月07日

無垢の階段 桧 土台 シロアリ ホウ酸 ヒバ 茨城 栃木

2014-10-11-16-17-03



茨城(古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬館林)と北関東にて自然素材新築リノベーションリフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンの むくむくハウスを創っている工務店材木商二代目ブログです。
戸建住宅新築リノベーション むくむくはうす茨城 オンリーワンハウス有徳はこちら
リフォーム改築増築 リフォームスタジオコメットはこちら

GWも終わりました!しっかりリフレッシュ。

今日から弊社も再始動です。

さて写真は

茨城県土浦市
のKさまのおうち。

ガルバリウム鋼板塗り壁のおうちです。

今日はパントリーリビングから

廊下に入ります。

階段が見えますでしょうか?

南の窓沿いに配置されているので踏み板を桁に差し込んでいく

というタイプの階段にしました。

光もしっかりと採り入れ

さらに見た目もいい

そして耐久性もしっかりしています。

いい階段です。

材は国産ヒノキ

いろんな書き方をしますね

木に会うと書いて桧

難しいほうも旧字体ですね。


ところで弊社では住宅の土台にはヒノキを採用することにしました。

以前のヒバのほうが木単体では耐シロアリ能力があるのですが

その効き目も永遠というわけではありません。

ヒバの防虫作用のもとは

天然の有機化合物ですから揮発しきってしまえばなくなってしまいます。


そこで防蟻剤として、ホウ酸防蟻剤施工することとしました。

弊社のエコ断熱材セルロースファイバーにも入っています。

ホウ酸無機物なので揮発が少ないのです。(ない?)

ということは

空気における人体への害も心配ありません。

さらに揮発が少ないということは、効果が相当長いということです。

水には溶けてしまいますが

洪水にさえ遭わなければ、水がかかることはない土台ですから

家の寿命を大幅に伸ばしてくれる。という算段です。

なのでヒバである必要性は必ずしもなく、桧+ホウ酸を採用いたしました。

もちろん一階の柱にも施工しています。

今後も今までの志を守りながらも過去に縛られず。

より長寿命で、永く家族を守れる家に進化させて提供していきます!


余談:ここからはかなりマニアックなので注意。

EUのREACH規制の中ではホウ酸塩は規制対象です。

しかし、先日それを運用しているヨーロッパの建築家の方と話をしていると

シロアリはほとんどいない」

とのこと。

木造が少ないこともありますが

ドイツなどでは物理的にシロアリを遮断するのだそうです。

物理遮断については研究の余地ありですが、最近では下からだけでなく

飛んできて上から食べていくシロアリも本州を北上中のようです。

そんなことも踏まえ


その建築家の方と日本とヨーロッパの環境の違いも含め激論の末、

「壁を呼吸させることを優先させたほうがよい」

とのことで決着しました。

国際的な基準を目標と定めつつ

しっかりと日本で運用できる環境循環型の家の流れを創っていきます。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
株式会社有徳

TEL0120-87-5626

ホームページから問い合わせ<こちらをクリック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ではまた! 

studio_comet at 18:17│Comments(0)TrackBack(0)新築 改築 リフォーム 茨城 栃木 | 自然素材 新築 茨城

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字