2015年04月19日

大事に使う 昭和家電 ナショナル NATIONAL 茨城 古河 自然素材の家


P3280056


茨城(古河 つくば 県西) 栃木小山 宇都宮 県南) 埼玉(北部)
 千葉野田 ) 群馬館林)と北関東にて自然素材新築リノベーションリフォーム改築をして
お客様と一緒にオンリーワンの むくむくハウスを創っている工務店材木商二代目ブログです。

和歌山県産30ミリの上に鎮座ましますは

S様がだいじにされてきた昭和の暖房器具。

パッと見よくある赤外線暖房ですが

右上に丸い穴が開いているのがわかりますか?

これは実は暖房兼加湿装置なのです。

丸い部分はステンレスのカップになっていて

暖房の熱で自動的に水が蒸発し湿度を上げてくれるという

ちょっと原始的ですが素晴らしいアイデア商品。

なぜ今では見られないのか?

たぶん倒した時にやけどしたりするからかもしれません。使い方は要注意ですね。

でも個人的には完全に見た目、デザインがツボです。

かわいいわあ。 

というわけでまた。 

studio_comet at 17:37│Comments(0)TrackBack(0)古河市 新築 改築 リフォーム | 新築 改築 リフォーム 茨城 栃木

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字