2014年04月12日

紙 断熱 セルロースファイバー

2014-04-12-13-49-14

茨城県は坂東市の現場で不織布を張っています、
床です。
大引という床の下地のさらに下地の材料の間に張って
さらにその上に床下地の根太ネダ、という材を打ち、
その上にもう一度不織布を張って、袋を作ります。

あとは吹き込みです。
なかなかに面倒。

しかし、この手間が段違いの断熱効果を生みます。

また、レポートします。

ね。

それでは、また!

studio_comet at 13:49│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字