2014年01月07日

自然素材の家 宇都宮市 栃木

画像1

画像1

画像1


栃木県 宇都宮市 F様邸
昨日に引き続きましては

キッチンの延長にパントリーを用意。
キッチンスペースとサニタリースペースの間に廊下を作り、その通り道に収納。
二枚目の和室を取り囲むように通路ができております。
これは、今まで数々のリフォームに携わった上で奥様方の不満を聞いた我々からの答えとも言える設計です。

家事をする動線と、くつろぐ動線を近づけながらも、邪魔しないように。

シンク、コンロの脇に収納。そのまま洗濯機まで。
突然の来客時には、隠す、役割も担えます。

これ便利。本当です。

三枚目はリビングからのキッチンダイニングへの眺望。

ダイニングテーブルは有徳謹製。

テーブルとキッチンの間から和室に入れます。
シンクのダイニング側には見せる収納棚も用意し、住む人のアイデンティティも表現できます。

人を理解するには本棚を見ろ

と昔教わりましたが、ここに収納されて行く雑誌や本は月日とともに変わって行くのでしょうね。

数十年の暮らしを想像してつくった家。

これから住むことでさらに成長します。

楽しみです。

では他のところはまた次回。




studio_comet at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)宇都宮市 新築 改築 リフォーム | 新築 改築 リフォーム 茨城 栃木

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字