2009年02月03日

あなたは人間を見ているか

皆様こんばんは

オンリーワンハウス有徳

リフォームスタジオコメットの星です。

ご機嫌いかがでしょうか

やっと熱が下がり

今日から仕事復帰です。

群馬、茨城、栃木のお客様のおうちを社内で打ち合わせ

うん、いい形になりそうです。

100年に一度の不況といわれる中

社一丸となって、お客さまの家と向き合えるのは幸せなことです。


同業の方や当社の社員のご家族も読んでいるこのブログ

たまには暑苦しくいきましょう



ご紹介のお仕事が多いのが当社の特徴(だと人から言われます)

なぜかしらと思うと

「社長」と思うこと多し。



当社社長星徳夫(私の父)はお客様も人間と見ます。

そして人間が好きです。

人間を信じています。


当たり前のようですが

お客様を売り上げと見るか

一人の「人間」と見るか



大きな違いです。

材木商ということもあり

若造ながらさまざまな業種会社の方とお話をさせていただいてきましたが

いつも思うのは

ここの違いを忘れてらっしゃる方が多いということ。(失礼)

口ではいいこといってても

結局は「効率と利益」に踊っている。


人間が、家族が

売り上げになり、お金になり、攻略の対象となり、

相見積もりしていないかと猜疑心の対象となり

「○○層」という勝手なカテゴライズでレッテルを貼る。


そんなところから抽象化が始まって


どこを見ているのかもわからなくなり

知らないうちに

経営理念が陳腐化し

力を失う


実はこう思っている人が社の大半を占めていませんか?

「今月の売り上げ上げないと上司にどやされる」

「決めて来いっていわれても、決めるのはお客様だよ〜」

「もうあのお客さん、ほかのところとも話してる…」


どうでしょう。そんなこと思って仕事していませんか?




そこには「顧客にとって悪いと知りながら売る」

という事態が発生します。



有害化学物質しかり

住宅寿命しかり




わたしには耐えられません。


「星君、商売下手だね〜」

「もっとうまくやったらいいのに」

そう諸先輩方からもご指導いただきますが

仕方ありません。これも生き方です。


当然当社も小さな会社です。売り上げ利益がなくてはいけませんし

資金繰りにもしっかり気を使います。



でも今目の前にいる人の

幸福に寄与できるなら

それよりほかの幸せはないのです。


わたしは

「人の幸せの役に立つこと」それこそが自らの幸福。

そう覚悟してしまったのですから。

喜んでそれを邪魔することと戦いましょう。


仕事においては、住む人を幸せにする家を

ただそれだけです。

ビジネスではありません。仕事です。


ではまた、明日。








at 20:43│Comments(0)理念 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字