2008年12月19日

私の立ち位置

私は


空気も作れないし

水を作れるわけでもない

でも生きています


人間は外的環境とのつながりでしか自分を存続させられません。

認識もできません。足を踏みしめる大地がなければ歩けないし

鳥は飛ぶにも空気がなければ飛べません。

魚は水がなければ泳げません。


これを知ったとき、「自分は自分、他人は関係ない」

というお決まりの言葉はそれこそ根も葉もない話になります。

すべては関係している。と捉えるのでしょうか。

さて抽象的な話はここまでにして、



仕事でいえば

私は木を切れるわけではないし

大工さんの代わりに家が建てれるわけでもない

クロスも貼れないし

ドアが作れるわけでもない


でも私は建築業をしています。

プロ(専門家)の仕事をどこでどう使うべきか

判断するのが仕事でしょうか。

お客様の舞台を一緒に作るのが仕事でしょうか

いずれにせよ

私は

当社スタッフの兄弟であり

職人さんの扶養家族であり

お客様の子供です。


それに感謝して今日も仕事をしていきます。

その気持ちを忘れたとき

この仕事はひどくつまらないものになるのでしょう。

精進していきます。

at 13:07│Comments(0)理念 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字