2018年12月10日

断熱の力

早朝は氷点下
IMG_4592

まだ無暖房生活継続中。
炊事で室温をある程度維持できます。

セルロースファイバー300ミリの力!


studio_comet at 12:31|PermalinkComments(0) セルロースファイバー 茨城 栃木 | 断熱

2018年11月27日

断熱の力5 セルロースファイバー

IMG_4404
外気温10℃
暖房未使用。
安定しておりますな。


studio_comet at 17:35|PermalinkComments(0) 断熱 | セルロースファイバー 茨城 栃木

上棟!自然素材の家 キノイエ the order

IMG_4402
祝上棟。
設計施工課の社員の自邸です。

境町のスーパー、エコスの南隣で絶賛施工中。

3世帯住宅。
で、でかい。
断熱体感構造見学会も企画しております。
またご案内いたしますのでその時はよろしくお願いします。

材木屋的には、おじいちゃんが、弟さんの形見のケヤキ材を使用した極太な構造が見もの。

面白くなりそう。

ではまた。




studio_comet at 10:30|PermalinkComments(0) 茨城県 新築 改築 リフォーム | 茨城県 猿島郡 境町 新築一戸建 木造 自然素材 Aさま邸

2018年11月22日

キッチンリフォーム 好きな水栓金具 蛇口

IMG_4354
工事中の、茨城県猿島郡境町のLDKリフォーム

ステンレスキャビネットのキッチン取り付け中

水栓金具が、私のオススメ。

この形だと。ホースを引き出したり、戻したりするのがすごく楽。


あとかっこいい。

普通のリフォーム会社、工務店さんだと、キッチンメーカーのカタログに載っているものしか提案しませんが、弊社だと、好きなメーカーの好きな水栓金具を選ぶことができます。

これも「オンリーワンな暮らし」への一歩ですね。



studio_comet at 16:37|PermalinkComments(0) 茨城県 新築 改築 リフォーム | 境町 新築 改築 リフォーム

断熱の力4

IMG_4359
外気温10℃
室内気温25.5
相対湿度37%
無暖房
セルロースファイバー
300ミリ断熱

そろそろ加湿が必要




studio_comet at 09:17|PermalinkComments(0) 断熱 | セルロースファイバー 茨城 栃木

2018年11月21日

断熱の力3

外気温3℃
IMG_4351
暖房は使ってません。
無暖房住宅いけるなー。




studio_comet at 17:28|PermalinkComments(0) 断熱 | セルロースファイバー 茨城 栃木

2018年11月17日

断熱の力2

IMG_4294
1時間半後
炊事をするとこの通り。
湿度は10%
気温は1度

人が生活するエネルギーで事足りる。
まあ、もちろんこの時期だけかもしれませんが、厳寒期でも暖房エネルギーが少なくて済むのは自明の理。

気持ちいいですよ。


では。


studio_comet at 09:21|PermalinkComments(0) 自然素材 家づくり | 境町 新築 改築 リフォーム

断熱の力

IMG_4291

自宅の温湿度計。

これがセルロースファイバー断熱の力

外気温8度、無暖房。

しかし、湿度が下がりすぎなのでそろそろ加湿します。

料理して、お風呂の湯気で。

足りなかったら加湿器で

それも報告しますね。

では



studio_comet at 08:04|PermalinkComments(0) 境町 新築 改築 リフォーム | 家づくり

2018年11月08日

SFC認証材でリフォーム

IMG_4269
IMG_4270
茨城県猿島郡境町にて
エコリフォーム進行中です。

ブラウン色に自然塗料で塗装中。

床材は床暖房用※だけど無垢材。
しかもSFC認証材
これは持続可能な計画に基づき運営されている山林から取れた材料しか認められない国際認証制度。

東南アジアの森林をハゲ山にしていたのは実は日本の住宅でした。

そんな事を繰り返さないように

国産材やSFC認証材を使っていきますよー。

※床暖房用の床材は施工後熱によって収縮が少なく、床暖房(あったかい)と無垢材(生きてるから伸び縮みする)の相性の悪さを改善した床材です。


studio_comet at 11:16|PermalinkComments(0) 茨城県 新築 改築 リフォーム | 境町 新築 改築 リフォーム

2018年04月12日

家と家族のための断熱材の選び方1

IMG_2677


断熱、断固断熱

どうも、むくむくはうす茨城
オンリーワンハウス有徳の星輝夫です。

断熱が大事だよーと、さんざんわめきちらしたので

この辺りで断熱材の選び方について弊社の考え方を。

まず家の構造によって断熱材の選び方は違います。

まず鉄筋コンクリート造(RC造)の家と、鉄骨、木造の家では向いている断熱材違います。

構造(梁や柱)の間に入れる「充填断熱」という方法が使えないので、

内断熱か、外断熱ということになります。
するとほぼ
・発泡系断熱材か、
・ミネラル断熱材(ガラス繊維、鉱物原料断熱材)
しか選択肢がなくなります。
日本では外断熱に使える板状のものは発泡系ばかりなので現実はほぼ発泡系一択です。
内断熱の場合、木質系パネルが使えそうですが、透湿してしまうが故にコンクリートが冷たくなっているときに断熱材との間で結露を起こすので気密シートを施工しないと使えません。なので現実的ではないですね。

ちなみに去年イギリスで外断熱高層マンションが大炎上しました。発泡系は石油製品なので一気に燃え上がります。防火対策をしっかりしないといけませんね。自己消化性のある製品を選ぶか、防火性能のある外壁で火を止めるか。

というわけで、次回は鉄骨、木造の場合に行きます。

写真は手づくりネックレスとカチューシャをつけてもらったが、頭に何か乗っている事が気に入らない娘の図。





studio_comet at 15:20|PermalinkComments(0)